株式会社 杉藤
Sugitoh Co.,Ltd.
杉藤トップページ製品情報検査機器歪検査器
TS-8N/TS-9N
ガラスやプラスチックなどの透明な物体の歪(ひずみ)を検査します
TS-8N

歪検査器

DISTORTION TESTER

価格:298,000円(税別)
TS-9N

顕微鏡歪検査器

DISTORTION TESTER(MICRO SCOPE TYPE)

価格:383,000円(税別)
TS-9N用アクセサリー(別売)
  TS-MS-01

 
マイクロスコープアダプター

 
MICROSCOPE ADAPTER

価格:68,500円〜(税別)



 
像を撮影するためのアダプターです。内径30oの接眼鏡筒部に差し込み、CCDカメラを取り付け撮影可能です。またデジタルカメラをご使用の場合も、専用のデジタルカメラアダプターを取り付けることで、撮影が可能になります。詳細はコチラ
 
ガラスは製造過程において熱せられ、色々な形に成形されます。形状や色がどんなに優秀であっても、十分なナマシ*がされていないと、ガラス内部に目に見えないひずみ(歪)が生じしてしまいます。

ひずみのある製品はちょっとした衝撃を受けただけでも壊れやすく、極端な場合は、その不均一によって自然に歪曲したり、ヒビが生じることがあります。ひずみ検査機により、このようにナマシ(※)の不完全な製品のひずみを容易に見つけることができます。
※ナマシ=適当な温度に加熱し、その温度に保持した後、冷却するする工程。その目的は、残留応力の除去、硬さの低下被削性の向上、冷間加工性の改善、結晶組織の調整とされます。

回転枠には0°から100°まで左右に目盛りが振り分けてあり、0°は通常の状態で、90°の位置で最もひずみの色が濃く現れます。

検品作業では、まず良品限界を探し出します。それを基に回転枠の目盛りを利用して、良品限界品が発色し始める数値より低い数値でひずみの色が確認できるものは、ナマシが不十分と判断できます。(但しナマシ処理が十分であれば、ひずみは見えません。ナマシが不十分であるほど色が濃く現れます。また、ひずみは試料によって多少見える色合いが異なります。)

顕微鏡タイプのTS-9Nでは、目視では困難な極小な検査物のひずみを高倍率の実体双眼顕微鏡を組み合わせることで、はっきりと観察することができます。

樹脂の流動状態
機種 TS-8N TS-9N
品名 歪検査器 顕微鏡歪検査器
サイズ(mm) 235×235×400 235×235×470
接眼タイプ 単眼 双眼顕微鏡
電源 AC100V-220V
光源 白色LEDライト ライトコントロール付
倍率 なし 10〜20×
価格(税別) 298,000円 383,000円